大阪などでの不動産担保ローン導入時に考慮すべき抵当権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産担保ローンを利用する際に理解しておくべきことの一つに収益物件抵当権があります。収益物件は収益不動産と言い換えることもできます。一般的に一定の収入が毎月入ってくるアパートや賃貸マンション、テナントビルなどの不動産を指します。大阪のように住宅費が高い地域では不動産の価値も高いため、金融機関の資金運用先として重視されます。金融機関から資金を借りる側のポジションに立てば、収益物件を担保とした不動産担保ローンを導入する際には、自分が所有している収益物件の価値を今一度正確に判定する必要があります。土地を手に入れた時とは環境が大きく変わっていることがあるからです。抵当権を設定される収益不動産の価値や相場を正しく把握しておくことが大切ですし、抵当権に対する考慮も重要です。

収益物件抵当権の設定は貸す側の当然の戦略

不動産担保ローンを導入するとなれば、大阪に限らずどこの物件でも収益物件に抵当権が設定されるのが一般的です。抵当権とは、債務者が借りた金を返済できなくなった時に、貸した側が担保となっている不動産を売却することで貸したお金を返してもらう権利を指します。貸した側にすれば不動産を売却しても貸した金が全額回収できなければ大変です。したがって金融機関にとっては貸し倒れにならないように精密な担保価値の審査が必須となります。担保価値があるかどうかの判断、価値がある場合はどれくらいかという算定については、不動産価値を判定するいくつかの基準が適用されます。ローン決定に十分な価値が認められれば、仮に利用者の属性が弱い場合でも不動産売却で回収できる見込みが立つのでローン審査は通る可能性があります。

抵当権の設定対象不動産には留意が必要

優良な不動産を多数所有していれば、大阪のような大都会から中規模都市まで、不動産担保ローンを組むことは比較的容易ですし、メリットも多いです。他のローンに比べて一般的に金利が低いですし、長期間の返済期間を組むこともできます。不動産の価値が高いほど、高額の借り入れが可能になることもあります。しかし、借りる側は当然ながら借りたお金を返済する義務があります。所有している優良不動産のすべてに抵当権を設定して、高額の借り入れを行った場合、その後の事業がうまくいき、順調に完済すれば問題ありませんが、不可能になった場合は当然ながら不動産を売却して返済するわけですから、所有していた不動産を失うことになります。したがって導入する際は、計画的に、必要十分なローンを組むことが経営の重要戦略になります。