土地の評価がかぎになる大阪などの不動産担保ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪など土地価格が高い都市部では不動産担保ローンを活用するメリットが多いので利用も活発です。原則として個人でも法人でも利用することができますが、いずれの場合も不動産という信用性が高い担保力を持っていますので、金融機関側も貸し出しリスクが低いため基本的には積極的なスタンスです。もともと総量規制の対象外でしたし、貸す側も借りる側も双方にメリットがある担保ローンなので無担保ローンなどに比べると低金利での設定など条件は良いです。借りる側としては、より低金利のほうが助かりますから、所有している不動産の中から何を担保にするかの決定は重要です。土地であれば基本的には国土交通省が公表している公示地価、各地方自治体が公表している基準地価に加え、各地域の道路などに面する土地の評価額である路線価を総合的に判断して、資金を貸す側がより高く評価する土地を担保に設定するという判断は低金利での資金導入には効果的です。

不動産という優良担保が低金利を実現

不動産担保ローンの金利はなぜ低いのかという点についての正しい理解はローンを組む際には必要なことです。理由の一つは貸す側のリスクが低いことです。銀行など金融業者にとっては貸したお金は絶対回収しなければならないのが大原則ですが、経済行為の中でも信用性が高い不動産、とりわけ土地が担保となっている場合は万一の場合に回収不能に陥るというリスクが低いため、低金利、長期返済という条件下であっても貸し付けるメリットは大きいわけです。金利など条件設定の際には、無担保融資の場合はたいてい連帯保証人が必要になるケースがありますが、不動産を担保とする場合は、仮に返済不能に陥っても価値が高い大阪などの都市部の不動産であれば売却して返済できることから、連帯保証人を必要としない場合もあり、借りる側にとっては利用しやすいローンです。

一般的に銀行系が低い不動産担保ローンの金利

大阪など土地価格が高い都市部で活用しやすい不動産担保ローンを扱う業者は大別すると銀行系と消費者金融などのノンバンク系に分けられます。借りる側にとって両者の特徴をしっかり把握することは重要です。銀行系は多くの場合金利は低く、利用時の諸費用もノンバンク系と比較すると安い場合がありますが、審査は厳しいので融資まで時間がかかります。借りる側としては逆算して資金が必要なタイミングまでに借り入れが実現するかどうかの判断が重要です。金利を優先するのであれば早めの申請が求められます。ノンバンク系は銀行系よりも金利が高めなのが一般的ですが、商品が多彩で、選択肢が多いです。審査のスピードが速いのも特徴で、できるだけ早く資金を手に入れたい場合は借入先として考慮する対象になります。