不動産担保ローンの借り換えは大阪でも可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産担保ローンを導入する際に経営者が考慮すべき事項は多いです。返済期間や最高限度額も重要ですが、金利はとても重要なポイントです。金利の変動に大きな影響を与えるのは日銀の金融政策や関係法令ですから、大阪など都市部だけでなく地方の経営者にとっても中央政府の動向などの情報収集は重要な戦略です。金融緩和を打ち出せば市場にお金が出回り、銀行は金利を下げるので借り入れ側には有利になります。法令では利息制限法で規定される利率限度が重要です。たとえば100万円以上の元金に対する利率上限は15パーセントですが、ローンを組んだ時の金利に対して、その後の市場の金利が低くなってしまった場合でも高い時の金利を払い続けることは企業にとって痛手です。この問題を解決するために借り換えという手があります。

できるだけ低金利の借り換え先を選ぶ重要性

不動産担保ローンの返済戦略の一つとして、借りたときの金利より低い金利の借り換え先を利用するのは重要な選択です。大阪など都市部でも地方でも仕組みは同じで、無担保ローンと比較すると不動産を担保としたローンの金利は低いとはいえ、商品によって幅があります。設定金利が高いほど不利で、低いほど有利になるのは自明の理です。したがってローンの借り換えによってもっと金利を低くすることができればコストが抑制できます。低金利であればあるほど借り換えのメリットは大きくなります。一方で借り換えの際には一般的に諸費用が発生します。この点を忘れると金利は下がっても支払う総額は増えることもあり得ます。包括的で正確な返済シミュレーションをした上で確実に返済総額が減ることを確認する必要があります。

借り換えを前提とした不動産担保ローン利用

借り換えを行うことを前提とした不動産担保ローンの導入時に重要視するべきことは金利に関わる数字です。第1に上限金利が低金利の商品を選ぶことです。第2に最長返済期間が長い商品を選ぶことです。第3に手数料が安い商品であることが大切です。大阪でも他の都市でも借り換え時には原則として手数料が発生しますから、借り換え額が少額なケースではメリットがない場合もあります。借り換え額が大きいほうがメリットが出ます。良い条件で借り換えできれば金利差によって支払い総額が減額されます。その効果は金利差が大きいほど顕著になります。借り換え時に他のローン返済も包含して一本化できれば資金繰りが明確になり月々の支払いも一度で済みます。ただし一方で発生する保証料、手数料などを念頭に置くことを忘れてはいけません。

ピックアップ記事

不動産担保ローンの借り換えは大阪でも可能

不動産担保ローンを導入する際に経営者が考慮すべき事項は多いです。返済期間や最高限度額も重要ですが、金利はとても重要なポイントです。金利の変動に大きな影響を与えるのは日銀の金融政策や関係法令ですから、大...

土地の評価がかぎになる大阪などの不動産担保ローン

大阪など土地価格が高い都市部では不動産担保ローンを活用するメリットが多いので利用も活発です。原則として個人でも法人でも利用することができますが、いずれの場合も不動産という信用性が高い担保力を持っていま...

大阪でも利用が盛んな不動産担保ローン

銀行などの金融機関から一定条件でお金を借りる経済行為をローンといいます。借金する際の用語としては融資、貸付、キャッシングなどといった言葉もあります。ほぼ同義の意味合いのケースもありますが、さまざまな条...