大阪などでは不動産担保ローン利用が活発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

景気が悪化すると中央銀行は金融緩和政策を行います。例えば金利の引き下げによって法人や個人がお金を借りやすくして景気の上向きを図るわけです。しかし金融機関にとっては、お金を貸す先は欲しいけれども、貸し倒れを避けるための担保は必要です。その点で価値が高いのが優良な不動産です。大阪のような大都市では不動産担保ローンが活発です。この金利は利息制限法によって規定されており、限度を超える分は無効です。逆にいえば、制限内でさまざまな利息幅があるわけですから借入の際は金利について十分な比較検証が必要です。ただし着目するべき点は金利が低いかどうかだけではありません。返済方式が固定金利か変動金利かという判断も重要です。月々の返済額が同じ固定金利であれば中長期の経営戦略が立てやすい面はありますが、一概に固定が良いとは言い切れない金融情勢の場合もあります。借入側の事業内容の将来性、ライバル台頭の可能性、金融市場の変動予測などを視野に入れて各々の経営環境にマッチした金利方式を選択することが肝要です。

担保条件を満たせば長期借入も可能

貸す側にとっては不動産が担保になっていれば貸付金が回収不能に陥るリスクは低いです。一般的に不動産、特に土地は大阪など大都市の方が町村などよりも高く評価されます。土地の評価が高いということは担保の信用性が高いということですから、貸す側としても長期返済方式に対応しやすいですし、そのほうが利息も多くなります。一方、借入人にとっても、金利が低いだけでなく、返済期間を長期に設定できるのであれば資金繰りが楽になり、無理のない返済計画を立てることが容易になるので、同様にメリットがあります。土地、ビル、店舗など多くの不動産が担保対象になりますが、道路に接していなかったり、災害の可能性が高い場所、あるいは売却の可能性がほとんどない離島などは対象にならないケースが多いので注意が必要です。担保条件を満たす不動産であれば長期借入での返済計画を締結できるケースが多いです。

収益物件抵当権と借り換えの理解は必須

不動産担保ローンは借りる側にもメリットはありますが、忘れてはならないのは収益物件抵当権です。収益物件とは家賃収入を得るのが目的となっている不動産で、居住用マンションやアパートなどを指します。ローンを組む際に、金融機関など債権者側が、借入人側が所有する不動産に抵当権を設定する契約の場合、返済が長期にわたって滞ったり、返済不能に陥ると、担保となっていた不動産を競売にかけて、その売却代金から債権の回収を図るというパターンが一般的です。したがって、借入人の立場に立てば、担保が収益物件である場合は、万一の時は競売にかけられてもその後の経営に影響がないかどうかという判断が重要になります。抵当権に関する情報と同様に重要なのが借り換えに関する情報です。もともと低金利での契約が一般的ですが、より低い金利での借り換えが可能であれば検討する価値があります。その際は、借り換えの際の手数料など支払総額を綿密に計算することが肝要です。

ピックアップ記事

不動産担保ローンの借り換えは大阪でも可能

不動産担保ローンを導入する際に経営者が考慮すべき事項は多いです。返済期間や最高限度額も重要ですが、金利はとても重要なポイントです。金利の変動に大きな影響を与えるのは日銀の金融政策や関係法令ですから、大...

土地の評価がかぎになる大阪などの不動産担保ローン

大阪など土地価格が高い都市部では不動産担保ローンを活用するメリットが多いので利用も活発です。原則として個人でも法人でも利用することができますが、いずれの場合も不動産という信用性が高い担保力を持っていま...

大阪でも利用が盛んな不動産担保ローン

銀行などの金融機関から一定条件でお金を借りる経済行為をローンといいます。借金する際の用語としては融資、貸付、キャッシングなどといった言葉もあります。ほぼ同義の意味合いのケースもありますが、さまざまな条...